良い整骨院とは

整骨院とは何?
整骨院とは専門教育制度の中で基礎医学、専門知識、技術、関係法規を学習し、国家試験に合格し国の厚生労働省から柔道整復師免許を与えられた専門家による捻挫や骨折等、筋肉や骨に関連する施術をするところです。
柔道整復師と呼ばれている柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨や関節、筋などの原因によって発生する骨折や脱臼、捻挫などの損傷に対して手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。
良い整骨院とは
 良い整骨院として、挙げられるのは、『お客様のことを最優先に考えて、丁寧に治療を行ってくれる人』だと思います。滅多にそういう人というのはいないのかもしれませんが、治療を行う中で、説明もなく『これで大丈夫です』なんて言われても信用も何もできないですよね。ですが、丁寧に説明もしてくれることで、お客様の方からだと、ここまでしっかりしてくれるという気持ちなどでとても嬉しい気持ちになります。なので、こういった整骨院に訪れることをおすすめします。
 症状の説明などをしていることだけでも、とても良いとは思いますが、お客様とコミュニケーションをとることも専念している整骨院の方もいいのかも知れません。そのことでお客様とも仲良くなることができ、ますますその整骨院に行きたくなると思います。
ダメな整骨院
 やはり整骨院でも、良い整骨院とそうでない整骨院というのはありますよね。良い整骨院として挙げられるのは、皆さんに優しく接してしんどくないように丁寧に治療を行ってくれる人だと思います。
 ですが、良い整骨院がいる中、そうでない整骨院というのは、骨の異常があるのにも関わらず、あまり心配もせずに『こうしておけば大丈夫です』などといった言葉だけで済ませてしまう人だと思います。お客様の方は心配も不安もある中なので、そう言った言葉だけで済まされてしまうと、不愉快な気持ちになってしまうと思います。それだけではありません、言葉数の少ない人だと話をする機会がなかなか作ることができなくて、困ってしまいますよね。そういった人もあまりよくないと思っています。仕事でもコミュニケーションをとるということはとても大切なことです。ですので、できる限りのコミュニケーションを獲れる人のほうがいいと思います。

整体と整骨院の違い

時代が変わりデスクワークが多くなってきた今日この頃、皆さんは腰骨を痛めることはありませんか?それだけではありません、体の節々が痛くなり、体がだるくなったり妙に体が重く感じてしまったりなどの症状は出ていませんか?そういった症状が出ている人というのは、骨に異常があるかもしれません。
ここではそんな症状が発症したときに行く整骨院について話をしていこうと思います。
まず、整骨院についてどんなものか話をしていきたいと思います。
整骨院とはどんなもの?
整骨院とは専門教育制度の中で基礎医学、専門知識、技術、関係法規を学習し、国家試験に合格し国の厚生労働省から柔道整復師免許を与えられた専門家による捻挫や骨折等、筋肉や骨に関連する施術をするところです。
柔道整復師と呼ばれる活法の技術を応用して『非観血的療法』という独特の手技によって整復や固定を行い、人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格または、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。
整骨院は『接骨院』や『骨接ぎ』とも言われています。
整体とはどんなもの?
 整体というのは、日本語では主に手技を用いた民間療法などのことを指します。現在俗に用いられている意味では、カイロプラティックに似た骨格の強制を目的とした手技療法を指して使われていることが多いです。
 なお、中国での『整体』は全体、総体などといった概念を意味していて、日本語の身体の筋骨を整える治療技術を指す整体とは意味が異なっています。例えば、『整体看護』はプライマリーナーシングの中国語訳です。中国語の整体というのは、手技療法を意味していません。ここが、日本と中国の整体の違いがあらわれるそうです。
 施術の特徴として、整体は理論技術共に統一されていないため、次節の展開をしていることがほとんどだと言われています。
まとめとして
 まとめとしては、整体と整骨院というのは、似ているようで違うものだということがわかると思います。療法としては同じようなものなのかもしれませんが、整体の方は中国と日本で意味が違ってきて、方法も違います。
しかも、整体の方は理論と技術共に統一がされていないので人それぞれによって意味が変わってしまうかもしれません。ですが、整骨院というのは統一されています。そういった違いがこの二つにはあるのではないでしょうか?
そこが整体と整骨院との違いになると思います。
http://yu-balance.com/

整骨院を開業するには

時代が変わりデスクワークが多くなってきた今日この頃、皆さんは腰骨を痛めることはありませんか?ここではそんな症状が発症したときに行く整骨院について話をしていこうと思います。
今回は整骨院を開業するためにする事について少し話をしていきたいと思います。
おすすめされる整骨院とは?
おすすめとされる整骨院として、挙げられるのは、『お客様のことを最優先に考えて、丁寧に治療を行ってくれる人』だと思います。滅多にそういう人というのはいないのかもしれませんが、治療を行う中で、説明もなく『これで大丈夫です』なんて言われても信用も何もできないですよね。ですが、丁寧に説明もしてくれることで、お客様の方からだと、ここまでしっかりしてくれるという気持ちなどでとても嬉しい気持ちになります。なので、こういった整骨院に訪れることをおすすめします。
 解説などをしているところだけでなく、お客様とコミュニケーションをとることも専念している整骨院の方もいいのかも知れません。そのことでお客様とも仲良くなることができ、ますますその整骨院に行きたくなると思います。
なので、これらのことはとても必要になってくると思います。
開業するために必要なこと
整骨院を開業するには必要なことが色々とあります。まず、一つ目として、届出に必要な書類です。施術所開設届や柔道整復師免許の原本と写し、施術所の平面図などなどといった書類が必要です。それから、届出を提出し、地方厚生局へ受領委任契約に係わる申請をしなければいけません。
それからも色々と保険などの手続きなどもしなくてはいけなくて、なかなか時間がかかります。ですが、開業するためにしなくてはいけない事ばかりなので、慎重にじっくり手続きをしていくことが大切です。そのことで、失敗もせずに手続きを完了して、無事整骨院を開業することができるかと思います。
開業する人たちに
 整骨院を開業する人たちに、整骨院を開業するにはさまざまな手続きや届出等を行わなければいけません。しかも時間のかかるものばかりです。ですが、開業したい人にとってはこれくらいのことは簡単なことなのだと思います。
 ですが、一つ気をつけてほしいことは、さきほども言いましたが手続きや届出を出すことが多くあります。なので、慎重に書いたり、何度も見直しをしたりすることがとても大切だと思います。失敗してしまうと元も子もないので、じっくり時間をかけれるなら時間をかけて真剣に取り組みましょう。
http://kikouseitai.info/

整骨院の歴史

「整骨院とはどんなもの?」
整骨院とは柔道整復師と呼ばれている柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨や関節、筋などの原因によって発生する骨折や脱臼、捻挫などの損傷に対して手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。整骨院は「接骨院」や「骨接ぎ」とも呼ばれています。
「整骨院の歴史:前編」
 柔道整復師は、WHO(世界保健機関)で柔道セラピーという名称で日本の伝統医療として知られています。その歴史は、非常に古く日本最古の遺書である「医心法」の第18巻に脱臼や骨折についての施術方法が記載されています。又、今から約400年前の1619年に中国から正骨術が日本の柔道家に伝承され、柔道と正骨術が融合して江戸の町に広がり学問として体系化されていきました。
 明治時代では西洋からの影響を受け医術改革が起こりました。その際に整骨業の取り締まり等で整骨院の数が減ってしまいました。明治44年(1911年)に内務省例によって、按摩術、鍼灸術営業取締規則が各々制定、公認されました。しかし、接骨術だけが公認されず、接骨・整骨術は消滅の危機を迎えてしまいます。その状況を受け、明治45年(1912年)に柔道家の必死の公認運動が始まりました。そして明治53年(1920年)に内務省例によって接骨・整骨術は柔道整復術として公認されました。
「整骨院の歴史:後編」
昭和時代では柔道整復術は順調に復興していきます。昭和5年(1930年)に「大日本柔道整復師会」の名称を「全日本柔道整復師会」に改め、昭和7年(1932年)には日本初となる柔道整復師養成を目的とした学校「大阪接骨学校」を設立しました。昭和10年(1935年)には単行法及び健康保険取扱いの取得、取り締まり弾圧の緩和などを実現させる為に、全国大会を開催しました。その結果、昭和11年(1946年)に内務省によって柔道整復師の健康保険取扱いが許可され、単行法も昭和21年(1946年)に「按摩術営業取締規則」から独立する形で実現されました。しかし翌年に新憲法が配布され、今までの各省令は失効してしまいます。さらにCHQは柔道整復術に否定的だったため、柔道整復術は再び消滅の危機を迎えてしまいます。これに対し当時の厚生大臣や厚生委員長は尽力を尽くし、CHQの了承を得て「按摩、針、灸、柔道整復等営業法」を法律第217号として制定公布しました。そして昭和28年(1953年)「日本柔道整復師会」と「日本接骨師会」が統合。同年11月には「社会法人全日本柔道整復師会」が許可され、業界を代表する団体が誕生しました。昭和45年(1970年)には柔道整復師の念願であった単行法「柔道整復師法」が全会一致で可決成立しました。その後、昭和63年(1988年)に。就学三年制、国家試験、大臣免許の三転に関する改正が行われ、試験実施に関する事務及び登録を行う柔道整復研修試験財団が設立されました。
 平成時代つまり現代では柔道整復術が平成14年(2002年)日本の伝統医療「柔道セラピー」としてWHOに取り上げられました。
 柔道征服術の今後の発展のためには古来より培われてきた技術手法を近代科学的な視点から検証し、柔道整復の有効性を立証していくことが不可欠です。

整骨院に行くメリット

時代が変わりデスクワークが多くなってきた今日この頃、皆さんは腰骨を痛めることはありませんか?そんな時、あなたは整骨院に行きますか?それとも、治るまで安静にして自力で直しますか?
ここではそんな症状が発症したときに行く整骨院について話をしていこうと思います。その中で、今回は整骨院に行くメリットについて少し話をしていきたいと思います。
整骨院とは?
整骨院というのは、柔道整復師と呼ばれている柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨や関節、筋などの原因によって発生する骨折や脱臼、捻挫などの損傷に対して手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。整骨院は「接骨院」や「骨接ぎ」とも呼ばれています。
 整骨院や接骨院、骨接ぎ等の柔道整復師法に基づく正式な名前は「柔道整復師施術所」と言います。
メリットはあるのか?
 整骨院に行くメリットについて何があるのでしょうか?確かに、自力で治そうとすれば、治るかもしれません。ですが、そういったことをずっと続けていってしまうと、ますます悪化してしまう恐れもありますよね。
 そういう時には、迷わず整骨院に行ってください。整骨院に行くと、『どんな症状なのか』、『どんなことが原因なのか』などといったことが詳しく聞くことができます。『ちょっと腰痛いだけやし、ほっといたら治る』などといった考えを続けてしまうことが、体を壊してしまう原因にもなるのです。
整骨院に行く人に
 これから、整骨院に行く人というのもいるかもしれません。そういった人は、迷わずに早めに行くことをおすすめします。理由は行かずにずっと放置してしまうとますます悪化してしまう恐れがあるからです。なので、迷わずに近くの整骨院に行きましょう。
 他にも、整骨院に言ったことの無い方もいるかもしれません。歳をとって初めて整骨院に行くとなると、少し不安になってしまいますよね。そういったときも、整骨院の人たちは親切で丁寧に説明してくれて治療もしてくれます。心配せずに、すぐに体に異常があれば行ってみるといいと思います。
 ですが、『少し安静にしておけば大丈夫』などと適当に言って終わらせてしまう人もいるかもしれませんので、慎重に話を聞くことができるようにしましょう。それだけでも、大きく変わってくると思います。

整骨院と整形外科の違い

だんだん歳をとっていくにつれて体も弱っていきますよね。歳をとっていくと骨に異常を感じる人や異常がある人というのは増えてしまうのかもしれません。そういった人たちのために整骨院という人たちもいます。この整骨院というのはよく整形外科と間違えられるそうです。では、この整骨院と整形外科はどう違うのでしょうか?
 今回は整骨院と整形外科の違いを紹介していきたいと思います。
整骨院とは?
整骨院というのは、柔道整復師と呼ばれている柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨や関節、筋などの原因によって発生する骨折や脱臼、捻挫などの損傷に対して手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。整骨院は「接骨院」や「骨接ぎ」とも呼ばれています。
 整骨院や接骨院、骨接ぎ等の柔道整復師法に基づく正式な名前は「柔道整復師施術所」と言います。
 整骨院などでは国家資格の柔道整復師の免許取得者が治療にあたります。
整形外科とは
整形外科というのは、医学の分野であって医師でなくては、整形外科専門医になることはできません。そして、整骨院と違うところは医師以外が医療行為を行うことというのは法律で禁じられていることですので、整骨院は医療行為が行いないということです。整骨院の人たちが行っているのは医療ではなく施術と言い、その業務は柔整師法により規定されています。
脱臼や骨折などに関しては、応急処置をすることができるのですが、持続して柔整師が施術を行う場合は医師の同意が必要になってきます。なので、医師の同意が必要なく柔整師が扱えることは捻挫と打撲だけということになるのです。
まとめ
整骨院と整形外科の話を聞いて、整骨院と整形外科では色々な違いがあるということがわかりますよね。整形外科は医療行為ができるのに、整骨院というのは医療行為を行えないということが大きな違いになるのではないでしょうか?一応捻挫や打撲の治療はできるそうですが、それ以外には治療ができないと言われています。
これらのように、間違っていた人というのもいたと思います。ですが、これをきっかけに違いが分かればいいと思います。

整骨院とマッサージの関係

時代が変わりデスクワークが多くなってきた今日この頃、皆さんは腰骨を痛めることはありませんか?それだけではありません、だんだん歳をとっていくにつれて体も弱っていきますよね。歳をとっていくと骨に異常を感じる人や異常がある人というのは増えてしまうのかもしれません。そういった人たちのために整骨院という人たちもいます。
ここではそんな症状が発症したときに行く整骨院について話をしていこうと思います。
整骨院とはどんなところ
整骨院とは専門教育制度の中で基礎医学、専門知識、技術、関係法規を学習し、国家試験に合格し国の厚生労働省から柔道整復師免許を与えられた専門家による捻挫や骨折等、筋肉や骨に関連する施術をするところです。
柔道整復師と呼ばれている柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨や関節、筋などの原因によって発生する骨折や脱臼、捻挫などの損傷に対して手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。整骨院は「接骨院」や「骨接ぎ」とも呼ばれています。
整骨院の正式な名前としては、『柔道整復師施術所』と言います。
マッサージとは
マッサージというのは、手のひらや指を用いて体表を摩擦したり、圧迫を加えて血液やリンパの循環を良くして新陳代謝を盛んにして、神経や筋肉の機能を促進したりする技法のことを言います。その手技には軽擦法や強擦法、筋肉を指で挟み、こねるようにする方法、圧迫法といったさまざまな方法を用います。
 マッサージはフランスで生まれた手技療法を指しているのですが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や朝鮮式のマッサージも一応『マッサージ』と呼ばれています。マッサージに静脈やリンパ循環を促進させる効果がありますので、健康にはとても役に立ちます。
まとめると
  まとめてみると、マッサージと整骨院というのは少し違うということがわかります。マッサージというのは色々な種類があり、方法を変えることによって強さや、場所によって変わります。ですが、整骨院というのは、そういうわけではなく、自然治癒能力を高めてくれたりして、治療を行うことができます。
このように、マッサージと整骨院というのは、似ているようで少し内容が違うのがこの二つの関係だと思います。

整骨院で保険は適用されるのか

時代が変わりデスクワークが多くなってきた今日この頃、皆さんは腰骨を痛めることはありませんか?ここではそんな症状が発症したときに行く整骨院について話をしていこうと思います。
整骨院とは・・・
整骨院とは専門教育制度の中で基礎医学、専門知識、技術、関係法規を学習し、国家試験に合格し国の厚生労働省から柔道整復師免許を与えられた専門家による捻挫や骨折等、筋肉や骨に関連する施術をするところです。
柔道整復師と呼ばれている柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨や関節、筋などの原因によって発生する骨折や脱臼、捻挫などの損傷に対して手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。
http://www.jiko-support.jp/
整骨院で保険
 整骨院には保険は適用されるのか気になりますよね。治療院の中では『各種健康保険使えます』などといったことが書いてある場所はあります。実際、健康保険でマッサージなどにかかって、負担を抑えながら健康管理に活用している人もいると言われています。しかし、マッサージや整骨院、接骨院で受ける施術がすべて健康保険の対象になるわけではないそうです。針灸やマッサージというのは医師の同意書や診断書が必要になってくるそうです。厚生労働省が整骨院や接骨院などを保険医療機関として認めておらず、『やむを得ない』と認めた場合のみ健康保険を使用することができるそうです。そのため、健康保険で治療できる病気やケガの種類は限定されていて、医療費の支払いも病院や診療所とは違う方法がとられます。
 それ以外のものは、ある程度保険が適用されているそうですので、安心はできますね。
これからのために
 これからのために、整骨院に通おうとしている方は早めに行くことをおすすめします。理由は早めに行って症状の悪化を防ぐということがあるからです。『大丈夫やし、ほっといたら治るか』などといった考えをしている人も多くいると思いますが、それで悪化してしまえば、元も子もなく最悪の場合治らないという可能性も出てきます。ですので、早めに治療をすることをおすすめします。

 これらのように、整骨院というのは、保険も適用されていて、少しホッとする場面もありますが、自分自身が治療せずにほっておいたら意味がありませんので、しっかりと早めに治療を行うようにしてください。

整骨院選びのポイント

整骨院とはどんなもの?
整骨院というのは、柔道整復師と呼ばれている柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨や関節、筋などの原因によって発生する骨折や脱臼、捻挫などの損傷に対して手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。整骨院は「接骨院」や「骨接ぎ」とも呼ばれています。
 整骨院や接骨院、骨接ぎ等の柔道整復師法に基づく正式な名前は「柔道整復師施術所」と言います。
整骨院を選ぶポイントはどこにある
 おすすめとされる整骨院として、挙げられるのは、『お客様のことを最優先に考えて、丁寧に治療を行ってくれる人』だと思います。滅多にそういう人というのはいないのかもしれませんが、治療を行う中で、説明もなく『これで大丈夫です』なんて言われても信用も何もできないですよね。ですが、丁寧に説明もしてくれることで、お客様の方からだと、ここまでしっかりしてくれるという気持ちなどでとても嬉しい気持ちになります。なので、こういった整骨院に訪れることをおすすめします。
 解説などをしているところだけでなく、お客様とコミュニケーションをとることも専念している整骨院の方もいいのかも知れません。そのことでお客様とも仲良くなることができ、ますますその整骨院に行きたくなると思います。
整骨院に行くときに気をつけること
 整骨院に行くときに気をつけなければならない事があります。まず、気をつけることとして、骨の異常があるのにも関わらず、あまり心配もせずに『こうしておけば大丈夫です』などといった言葉だけで済ませてしまう人がいるかもしれませんので、気をつけてください。お客様の方は心配も不安もある中なので、そう言った言葉だけで済まされてしまうと、不愉快な気持ちになってしまうと思います。そういった人もいるときはいます。しっかりと自分の意見を言うことが大切だと思います。
 他にもあまり言葉が少なく、黙々と治療をする人もできる限り気をつけましょう。もちろん、治療を行っているので良いとは思いますが、こういう場でもお客様とのコミュニケーションをとるというのはとても必要なことです。なので、そこもしっかり考えましょう。
http://www.浮気調査堺.net/

こんな整骨院はやめよう

時代が変わりデスクワークが多くなってきた今日この頃、皆さんは腰骨を痛めることはありませんか?ここではそんな症状が発症したときに行く整骨院について話をしていこうと思います。
整骨院とはどんなもの?
整骨院とは専門教育制度の中で基礎医学、専門知識、技術、関係法規を学習し、国家試験に合格し国の厚生労働省から柔道整復師免許を与えられた専門家による捻挫や骨折等、筋肉や骨に関連する施術をするところです。
柔道整復師と呼ばれている柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨や関節、筋などの原因によって発生する骨折や脱臼、捻挫などの損傷に対して手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術を行うことができる国家資格、その資格を持つ人が柔道整復術を行う施設のことを言います。整骨院は「接骨院」や「骨接ぎ」とも呼ばれています。
整骨院の正式な名前としては、『柔道整復師施術所』と言います。
こんな整骨院はダメ
 やはり整骨院でも、良い整骨院とそうでない整骨院というのはありますよね。良い整骨院として挙げられるのは、皆さんに優しく接してしんどくないように丁寧に治療を行ってくれる人だと思います。
 ですが、良い整骨院がいる中、そうでない整骨院というのは、骨の異常があるのにも関わらず、あまり心配もせずに『こうしておけば大丈夫です』などといった言葉だけで済ませてしまう人だと思います。お客様の方は心配も不安もある中なので、そう言った言葉だけで済まされてしまうと、不愉快な気持ちになってしまうと思います。
 なので、こういった整骨院はできる限り控えたほうがいいかもしれません。
おすすめされる整骨院
 おすすめとされる整骨院として、挙げられるのは、『お客様のことを最優先に考えて、丁寧に治療を行ってくれる人』だと思います。滅多にそういう人というのはいないのかもしれませんが、治療を行う中で、説明もなく『これで大丈夫です』なんて言われても信用も何もできないですよね。ですが、丁寧に説明もしてくれることで、お客様の方からだと、ここまでしっかりしてくれるという気持ちなどでとても嬉しい気持ちになります。なので、こういった整骨院に訪れることをおすすめします。
 解説などをしているところだけでなく、お客様とコミュニケーションをとることも専念している整骨院の方もいいのかも知れません。そのことでお客様とも仲良くなることができ、ますますその整骨院に行きたくなると思います。